安全なボトックス注射を受けよう【クリニック選びの方法を伝授】

小顔になるための施術法

鏡を見る人

副作用にも注意しよう

顔にエラが張っていると、周りの人からは顔が大きいと見られてしまいがちになります。そのため、自分の顔の大きさについて悩んでいるという人も多いでしょう。顔のエラをなくすには、美容整形外科などで行なっている整形施術を受けるのが一般的です。整形施術といっても様々な方法がありますが、骨を削る方法をイメージするという人がほとんどだと思います。そのため、整形施術に抵抗があるという人もすくなくありません。しかし、最近では骨を削らずとも小顔になれる施術法が採用され始めているのです。それが、ボトックス注射による施術法です。ボトックス注射は、筋肉の動きを抑制することができるので、注入することで筋肉の動きが鈍くなり徐々に小顔効果が実感できます。施術で使用する道具も注射器のみなので、傷跡が目立つという心配もありません。また、施術ではボトックスを注入する前に麻酔をするので施術時の痛みはほとんどなく、施術時間も5分から10分という短い時間で終わります。ボトックス注射による施術を行なってから、効果が現れるまでにはそれぞれ個人差があるとされていますが、約3ヶ月から半年ほどの期間が必要となります。更に、この効果は永遠に続くというわけではないため、効果を持続させたい場合は定期的に治療を受けることが重要です。しかし、治療を受けるにも、ボトックスには副作用もあるため注意しなければなりません。副作用も人によって出る場合と出ない場合があり、症状もそれぞれによって異なります。そのため、ボトックス注射の治療を受ける前に副作用についてもきちんと理解しておく必要があるのです。中でも起こる可能性があるといわれているのが、腫れや痛みなどによる症状です。これらの症状は、軽い場合だと約1週間ほどで治るとされています。また、人によっては、頭痛や吐き気、めまいなどの症状を引き起こす場合があるため、その場合はすぐに医師に相談することをおすすめします。きちんと医師に話して対処が早ければ、最悪な状況になることも回避できるので、我慢せずにしっかり伝えるようにしましょう。