安全なボトックス注射を受けよう【クリニック選びの方法を伝授】

ボトックス注射のリスク

看護師

ボトックス注射の副作用とは

手軽に受けられるボトックス注射は、気になるエラ張りやしわなどを改善することができる方法として人気があります。従来なら小顔になるためにはエラを削るなど外科的な手術が必要でしたが、ボトックス注射をエラの筋肉に注射するだけで徐々に筋肉を衰えさせることができるため小顔効果を得ることができます。メスを使用することもないので傷跡も残りませんしダウンタイムもほとんどありません。ただリスクが全くないというわけではなく表情の変化や頭痛・眼瞼下垂などの副作用も認められています。ボトックスは顔の表情筋によってできたしわを解消することができますが、表情筋の動きを制限してしまうため表情自体に影響が現れることがあります。特に注入するボトックスの量や場所によって不自然な表情になることがありますし、ボトックス注射をした数時間後に頭痛が起こることもあります。そのほかにもまぶたや眉毛が垂れ下がってしまうこともありますが、ほとんどの場合一時的なもので1〜2週間程度で症状は治まっていきます。美容整形を受けた後にはどんな場合でも内出血や傷跡などが回復するまでの時間があります。ボトックス注射はメスを使わず注射を打つだけですからダウンタイムについてはそれほど気にする必要はありませんが、稀に内出血や腫れが起こることもありますから注意しましょう。顔などに施術をする場合、超極細の針を使用しますから傷跡が残ることはほとんどありませんが、技術の未熟な医師の場合副作用が起こることも考えられますから経験豊富な医師を徹底的に探しましょう。内出血はどんなに注意深く注射をしても起こることがありますが、ひどい場合でも1週間ほどで治まっていきまるから心配はいりません。ただ気をつけないといけないことは、0.01パーセント未満ですが強いアレルギー症状を引き起こすことがあるためボトックス注射に対して実績がある熟練の医師がいるクリニックを選択することがリスクを回避するためには大事です。ボトックス注射は手軽にしわを改善したりエラを解消できる治療法ですが、メリットだけではなくデメリットもあることをきちんと知っておきましょう。